​銀鱗文庫を応援してください

​ 銀鱗文庫は私設図書室という性質上、今回の移転に伴う準備金として確保しておく余剰金などあるはずもありませんでした。

 このままでは移転を断念しなければならないという危機に直面しましたが、協賛企業や会員様はもとより関係各位に多大なるご寄付を頂けたことで、ようやく移転の目処がたちました。

 皆様からのご協力のもと、新市場では多くの人々が通る場所に新たな図書室として銀鱗文庫はオープンします。

 しかし、築地の「存在を知らないと訪れることはない」場所とは違い、豊洲では来館者の大幅な増加が容易に予測されます。
 図書室の環境保全や蔵書の管理にかかる年間経費が増大して行く中、それらを今後どのように賄って行けば良いのか、未だ途方に暮れております。

 「歴史ある銀鱗会の品位を損なうようなことなく、新しい場所で次の世代に文化を伝統を繋いで行くためには、どのようにするべきか。」

 悩み抜いた結果、市場関係者に限らず、図書室を利用する方々にも広く御協力のお願いをさせて頂くことにいたしました。

 理事会で承認された、今後の運営計画がこちらからご確認いただけます。


 ご一読の上、ご賛同いただけましたら、どうぞお手続をお願い申し上げます。
 

                                             銀鱗会理事長 粟竹俊夫


 

0