フランスの寿司の本

September 24, 2019

 

                                                                             3年前、築地にイラストレーター&漫画家という

フランス人が訪ねてきました。

「寿司の本」を作るんだ、という触れ込みでした。

その後、音沙汰なし。

しかし、「果報は忘れたころにやってくる」

昨日、届いたのでした、その本が。

タイトルからして、もちろんフランス語。

なに書いてんだかさっぱりだけど、なかはマンガ。

絵からだいたいが想像できます。

表紙は、寿司ファンならご存知「鮨 水谷」の水谷八郎さん。

築地市場をはじめ、海苔やアナゴなどの産地、

醤油工場、焼き物の里、包丁などの周辺取材もしっかりやってます。

海外のヒトが寿司の本を書くと、悪いけど、「チガウ」と叫びたいこといっぱいですが、

この本にはそれがない。きちんとしているのです。

ハードカバーで、紙質もいい、効果的なカラー使い。いい本です。

銀鱗文庫にあります。

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事