ピンころ石がやってきた


築地時代、仲卸棟の通路は石畳で、

その石ころを、ピンころ石と呼んでいた。

魚の脂と海水と、外からヒトが運んできた泥とが染みたどうってない石ころだった。

しかし、市場人にとっては、懐かしい築地の思い出。

解体で、石畳は消えてしまったが、

きれいに磨かれたピンころ石が銀鱗文庫にやってきた。

ケースにおさまっちゃって

なんか「月の石」みたくに偉そうだけど。

でもピンころ石好きの心としては、

このくらいしてやっても許す、ゆるします。

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
0