長谷川清展

自家製の画板を首にかけ、神出鬼没状態、

築地市場のあっちこっちで絵を描いてきたのが長谷川清さん。

今回、銀鱗文庫のミニギャラリーでのお披露目となりました。

長谷川さんは、昭和14年、広島県生まれ。

武蔵野美術短大を卒業し、グラフィックデザイナーに。

その後、風景画家をめざし、今に至ります。

今展覧会のタイトルは

「築地・豊洲の晴天下を立ち描き

  市場今昔物語」

もはや懐かしい、の言葉で表現したい築地市場の風景が色鮮やかに展開。

額縁までお手製です。

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
0