マグロ展始まる

「まぐろ・築地の記憶」のタイトルで写真展が始まりました。

撮影者は、朝日新聞専属のカメラマン

竹谷俊之、樫山晃生、諫山卓弥さんです。

セリ場から仲卸棟に運ばれ、解体されるまでが

懐かしい築地の風景を背景に紹介されています。

写真だけでなく、今回もお楽しみがてんこ盛り。

耳から記憶を揺り動かすのが「築地の音」で、

セリの声からカモメや赤貝むきまで、採集されています。

新聞の切り抜き帖も、資料としては有意義な内容がそろっています。

カメラマンも時間を見ては、会場に詰めております。

写真右がカメラマンのひとり樫山晃生さん。

豊洲市場通芸人、みんなのたかみちお兄さんと。

樫山さん、今一つ吹っ切れてませんが、いちおう、ポーズ、とっていただきました。

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
0