魚偏、すごいぞ

January 16, 2019

銀鱗文庫ミニギャラリーでの村田さんの写真展が終了。

息つく間もなく、今度は拙筆屋万次郎さんの「書」の展示です。

題して「魚偏に遊ぶ」。

拙筆屋さんは、サカナをあらわす漢字の面白さに魅せられ、

独特の書体、絵画ともいえるユニークな書体で、サカナの名前を

書に仕立てています。

 

選んだ漢字は、「つくり」だけで意味のあることが特徴です。

例えば、雪、月、喜など。

それぞれ、左に魚偏を添えると

タラ、イカ、キスとなります。

 

このあたりならわかる、という魚偏漢字通はいると思いますが、

魚偏に夢、魚偏に楽、魚偏に愛などとくると?????ですよね。

 

その答えも探しがてら、銀鱗文庫にいらっしゃいませんか‽

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter