築地は神隠し状態

10月6日で築地は最終営業日を終えたというのに、銀鱗文庫の後片付けもろもろで築地通いが続いています。

実は、豊洲開場後の引っ越し期間中、豊洲~築地の無料バスがあり、それをちゃっかり利用、お気楽に行き来してるってわけです。

12日、14日、16日と築地へ行っていました。人や車やターレ、魚などがなくなり、つまり構造物だけになると、その広さに今更ながら茫然。去ってしまってからいうのもなんだけど、「引っ越し、果たして正解だった?」なんて思ったものです。

仲卸棟に入ってみると、ダンべやまな板、帳場などそのままで、そこで繰り広げられた商いの熱い息遣いを覚えているだけに、神隠しにあったような気がしたものです。

解体は、着々と進んでおり、写真は青果棟の元プラットホーム。後でつぎ足した軒がなくなり、よりプラットホームらしくなっていました。

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
0