いざ、書棚へ!

October 7, 2018

一人で書棚に押し込むには無理すぎる書籍の量。しかし、強力な助っ人に恵まれました。


まずは、会員のNさん。なにせ、超文系の方なので、期待通りの凄腕を発揮してくれました。


そして、東京理科大学大学院生の3人衆。かれらも、本に親しんでいるであろうし、専門は建築関係とあらば、造形的なセンスにも溢れてるだろう、というすばらしき人選です!


院生の皆さんには、ちゃんとバイト料を払ってるので、

 (福)「本並べるったってね、見てのセンスが問われるわけね。」

 (福)「分類的に納得いき、それでいて、オッ、読みたいぜ、と思わせる順序に。」

 (福)「並んでる高さも、揃えるというのは今一つ芸がないわよね。」

 (福)「デコボコでもなんかバランスあるってかさ、ウン、そんな感じ」

と、言い放題。

でも大人しい、そして大人の彼らは、静かにうなずき、作業にかかってくれたのでした。


そして、丸2日で、あらかたの本は、整理がついたのでした。

 

柴田浩志さん、大澤祐太朗さん、藤井信さん、Nさん、ほんとうにありがとうございました。

 

 

 


 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事