​銀鱗文庫ミニギャラリー vol.22

■ 2022年1月17日(月)〜2022年3月1日(火)

  長谷川清
  「下町・橋のある風景」原画展

20220113124846369_0001.jpg
20220105110558774_0004_edited_edited_edi
20220105111022129_0002_edited.jpg

長谷川 清

(はせがわ きよし)

 

[プロフィール]

1939(昭和14)年1月6日広島県生まれ。

武蔵野美術短期大学卒業

アトリエ長谷川デザイン主宰

都市イラストレーター

 

面相筆で描く新墨絵、水彩画、色版木画、色鉛筆画など多彩な手法で、都市風景を描き続けています。

自身につけたサブタイトルは「東京の晴天下を立ち描き」。

絵の道具一式をのせた自転車を駆って都内あちこちに出没。

これはと思う景色に出会うと、立ったままで描きます。

座るより、そのほうが楽。

「邪魔になりそうだら、すぐに移動できるし」とあっけらかん。

野外作業なので、お顔は、年中、いい色に焼けています。

そしてです、ここからが「ハセガワワールド」の見せどころ。

実景に、まるでジャズのアドリブみたいに、

頭に浮かんだ景色やものやひとが、加わっていくのです。

テーマは、下町の橋。

時間、実景を超越したおなじみの橋が、銀鱗ミニギャラリーの壁を埋めます。

  • Facebook
  • YouTube
  • Instagram