September 7, 2018

狭い部屋なので、壁は基本、本棚で埋めました。


中央の本棚は、築地市場にあったもの。
工事担当の高田英明さんの工房に運び込まれ、1か月後、豊洲市場へ。
棚板を支える柱などを補強、扉の滑りもよくしてもらい、素敵にリメイクできました。


写真は、工事を担当していただいた星居社の皆さん。
中央が、リーダーの高田英明さん、そして宿谷想さん、望月崇史さん。

September 4, 2018

築地の銀鱗文庫の書棚は、豊洲でもメインシンボル的存在。

この書棚は、文庫誕生のおり、当時の銀鱗会役員がお金を出し合って、大工さんに造らせたそうです。

と、いう話は聞いていましたが、ホントかどうか、はたまた真実ならばどなたが、というのは不明でした。

ところが、書棚下段の戸をはずしてみて、一挙に真実が明かされたのでした。

戸の裏側に、「昭和34年寄贈」、とあり、寄贈者の名前が書いてあったのです。

会長の和田鍵次郎(仲卸亀和の先々代)以下25名。

銀鱗会の粟竹俊夫理事長のお父様ほか、現仲卸のお父様に当たる人の名もありました。

「オヤジだあ、懐かしいよな...

August 11, 2018

豊洲市場における「銀鱗文庫」は、7街区管理棟3階。ゆりかもめの「新市場前」下車、歩いて5分とかからない場所です。部屋番号は309。設計担当萩原さんが、部屋番号のデザインを考えてくれました。

August 11, 2018

素敵なお部屋めざして、豊洲市場内装工事
8月11日、山の日。工事初日墨付けの日、8時半現地へ集合。工事担当の星居社高田さん、電気工事の人、銀鱗会側からは建築アドバイザーの山本氏、そして福地が参加。部屋には、貰い物い物の中古家具が置いてあり、それを倉庫に運び込むことから始まりました。つぎに、おおまかに家具を置く位置を決め、メインイベントの床下工事。堂々のOAフロアにします。豊洲での銀鱗は、閲覧だけでなく、アーカイブスを利用して勉強会したり、読み聞かせやったり、アクテイブなことも考えています。そのための床下工事です。
これから、書棚作り...

Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事

November 29, 2019

November 28, 2019

November 13, 2019

October 26, 2019

October 23, 2019

October 21, 2019

October 18, 2019

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
0